巨樹の稜線を行く。湯桶丸その先。

2020年10月22日(日)、23日(月)に徳島、高知県境の広がる海部山地の湯桶丸を南川から行き、その先甚吉森へと続く稜線を「お化け杉」まで3人の会員でピストンした。

10月22日は、林道を行けるとこまでいこうということで進む。荒れた、崩壊の激しい林道であるので、通行できない可能性もあり1日目は林道を詰めることに専心する。途中、高知の香美市の三谷ミートで鳥肉のチューリップを買う。高知県人おすすめの一品・絶品。ビールに最高。

林道
三谷ミートチューリップとサッポロラガー、苦いぜ。

湯桶丸林道に入ると、路面は荒れる。水切りで土を持っているのを通過するのには細心の注意が必要である。

幸いに、下登山口と上登山口の中間地点の残土処理場にたどり着きテント泊。少し雨が降る。夜は全くもって静かである。鹿の鳴き声のみが響く。

10月23日は、林道をしばらく下り下口から登る。登山道はやや不明瞭である。頂上まで林内を急登する。途中、景観が開ける。山深きところと実感する。頂上は展望はない。

崩壊の爪痕
山深し
湯桶丸頂上
遊歩道??
檜の巨木

頂上から、徳島・高知の県境の東西に走る稜線に向かう。高知県側は魚梁瀬の流域になる。稜線からは太平洋が輝く。稜線に入ると、次々と巨樹が現れる。杉だけでなく、檜の巨樹があり見ほれる。クライマックスに「お化け杉」にいたる。かつて、ここには番所があったそうで、「番所跡の大杉」とも呼ばれる。ここから引き返し、上登山口へ下る。帰りの林道走行で一度底をする。悲しい。

巨木稜線からの湯桶丸
海かがやく
お化け杉、番所跡の大杉
枝ぶり

上の登山口に下る。

この湯桶丸登山は林道がばくちとなる。行ってみないと通行できるかどうか不明である。行きは行けて、帰りに落石でもあったら車がとじこめられる可能性もある。

巨樹の稜線は、シカ被害で下層植生が乏しくなり、乾燥化しているように感じる。巨樹の行く末が心配である。

海からの豊富な雨は日本有数の年間雨量である。この水分でこの山域はかつて屋久島をこえるような巨木の流域だったに違いない。多くの木が伐採されたのだろう。

讃岐山脈 大川山の秋

コロナで香川県連参加の登山グループのいろいろな企画が中止になった。女性交流登山も一ケ所に集合するのが本来なのだが、今年は各会、別々のところでやり、無線機で交信するというリモート交流で実施された。私たちの会は大川山(だいせんざん)登山である。8時に柞野登山道の駐車場に集合する。駐車場で山筋体操のストレッチを行って出発する。中腹の中寺廃寺跡に立ち寄る。展望台から満濃池、高見峰、瀬戸内海が見渡せる。中寺を過ぎると道は急坂を繰りかえす「根性だめし道」となる。この困苦に耐えたどり着いた稜線道と頂上の紅葉はご褒美だ。まことに今年の紅葉はすばらしい。下りは中通へ、随神門をとおり下山する。ふもとで三嶋製麺所の醤油うどんを食す。

駐車場でストレッチ講習。
大川山頂上へ向けて。
頂上 大川神社境内
楓と銀杏の落ち葉。赤と黄
うどんでしめなきゃ終わらない。

芋たきキャンプ

10月7日。コロナがなければ、五色台のクリーンハイキングがあり、前日は五色台でキャンプなのだが、クリーンハイキングは中止となった。ということで、今年は、まんのう町でキャンプすることになった。去年は山形の芋煮でしたが、今年は愛媛の芋たきを参考にし調理した。天気は夕方から雨。雨除けタープは水漏れする。タープの下で焚火。火があれば、雨もしのげる。芋たきとお酒。明日は大川山(だいせんざん)登山。

芋たきなべ。カッパをきて。
焚火

秋色 平家平

10/28 秋の紅葉を求めて銅山川源流の周回コースに行ってきました。コースタイム7時間のちょっとしんどいルートですが展望が素晴らしい稜線と自然林に覆われた谷巡るコースは感動ものでした。紅葉は中腹まで下りてきていました。

写真① ちち山の分れ手前から見た銅山川源流部
写真② ちち山の分れから冠山を目指す
写真③ 中腹の紅葉真っ盛りの自然林の中で