190914~16 弥山川双門コースと八経ヶ岳

 近畿最高峰八経ヶ岳にたどり着くルートはいくつもあるが、今回行った弥山川双門コースが最難関・・ほぼ沢登りだが、鉄の歩廊とかはしごで一応整備されてるが、とんでもなかった・・

登山口から林道を30分程歩き、沢に降りて進むと、いい感じになってきた・・

さっそく出て来た釜滝・・いい感じ・・

こんな鉄の歩廊が、適度にある・・

苔むす岩を、滑らないよう慎重に進む・・

一ノ滝・二ノ滝・三ノ滝・・奥の三ノ滝見えない・・

吊り橋からのぞくと、川の奥深さがわかる・・

河原石がでかい・・ほんとに行けるの・・

ここから何本もの垂直の階段を登る・・こんなところによく付けたもんだ・・

ずいぶん登ってきた・・遠くに山上ヶ岳が見える・・

仙人嵓前のテラスから、双門の滝を見る・・立派だ・・

トリカブト・・

ルートファインディングの腕の見せ所・・

きわどい徒渉・・

最後の急な二股の右を行く・・

アブミ梯子が現れた、念のためロープで確保・・難なく突破・・

ここも難なく突破・・

狼平避難小屋に着いた・・もう危険個所はない・・

あれが、明日登る八経ヶ岳・・

弥山神社に着いた・・

あくる朝ガスで、木から水滴がぼたぼた落ちてくるが、外で食事・・

さー、八経ヶ岳に向かいます・・

近畿最高峰の八経ヶ岳に着いた・・

お隣の、明星が岳にも到着・・

後は下るだけ・・

今日1日ガスだったが、とても幻想的・・

ゲンノショウコ赤花・・

190908 一般参加登山in土佐矢筈山

 今回の一般参加登山は、京柱峠から登る土佐矢筈山・・7名参加のうち一般参加者は1名で、気さくで素敵な方でした・・ありがとうございました・・

京柱峠から見る、牛ノ背・天狗塚だが雲の中・・

スタートはやや曇りだが、涼しくて快適・・

ゲンノショウコ赤花が迎えてくれた・・

途中の分岐を原始林側に進むと、ブナの巨木が生い茂る森に来た・・

ヤマジノホトトギス・・

ブナの森の落ち葉を踏みしめ進む・・癒される・・

マリオが出てきそうなベニテングダケ・・

この坂を上ると笹原に出た・・

タカネオトギリ・・

ミヤマクマザサの中を歩く・・ガスが濃くなってきた・・

いつ見てもかわいいシコクフウロ・・

土佐矢筈山に着くころ雨が降り出した・・でもみんな笑顔・・

ツリガネニンジン・・

雨がやみ、少し視界が開けた・・

登ってるときニセ小檜曽山があったが、今度は本物の小檜曽山・・

さー、京柱峠に下ります・・

ヒヨドリバナ・・

やっと降りてきた・・今回ガスで展望なかったが、いい山なので今度リベンジだ・・