赤石岳

12/29 沼平~椹島
12/28は夜通し車を走らせて畑薙第一ダムの沼平ゲート手前に駐車。朝から林道を歩く。
気圧配置は冬型だが天気は良く、谷間に位置する林道は無風といって良い。
17kmを約5時間かけて椹島に辿り着いた。ザックが重かった。
事前に分かっていたが、椹島の登山小屋は解体されていた。

12/30 椹島~赤石小屋
4時半から行動開始。小屋に向かって進むも雪は少ない。
4/5標識のところでようやく雪山っぽくなった。
明確なトレースがあったので何の苦労もなく小屋に到着してしまった。

12/31 赤石小屋~赤石岳~椹島
この日も4時半から行動開始。富士見平を越えラクダの背までは夏道を進む。
トレースはどこまでも明確でラッセルなし。
核心のラクダの背はフィックスロープがほぼ全て露出していた。
小赤石岳に到着すると風が強くなった。赤石岳までの稜線はクラスト。
天気がいつまで保つか分からないので急いで赤石岳をサミット。すぐに下山。
帰りのラクダの背は慎重にクライムダウンした。
小屋まで戻り、その足で椹島まで下った。

【富士山と朝日を背に東尾根を登る】

【赤石岳が染まる】

【赤石岳サミット】

1/1 椹島~沼平
やや遅めに起きて元旦らしくお餅を食べ、林道歩きをスタートした。
相変わらず天気は良かった。昼前に沼平ゲートに到着。無事に戻った。

(記:高木)

剣ヶ峰(伯耆大山)

12/15 登山口~ユートピア避難小屋
トレースなし。5人でラッセルしながら下宝珠、中宝珠、上宝珠を通過。
その後、若干ルートを間違えながら藪こぎトラバース。ユートピア避難小屋は貸し切りだった。

12/16 ユートピア避難小屋~剣ヶ峰
この日は午後から荒天予報だったので早出して剣ヶ峰を目指す。
雪が不安定なので途中からロープを出して進む。
やや風が強くなり始めたところでサミット。すぐに下山。
小屋まで戻って一休みの後、駐車場まで下山。

(記:高木)

【個人山行】 奥大日岳、立山

8月9日から13日にかけて立山に行ってきました。


雷鳥坂で出会った雷鳥


奥大日岳から見た剣岳


剣御前から真砂岳稜線に咲くトウヤクリンドウ


宿泊した雷鳥沢ヒュッテ


雷鳥平に咲くミヤマダイモンジソウ


雷鳥平に咲くイワカガミ


真砂岳稜線付近に咲くミヤマリンドウ


立山全景

(藤田)

写真展が始まります

本日(7/18)、会場での展示準備を終え、いよいよ写真展が始まります。
期間中は本会の会員が応対しますので、お気軽にお声掛けください。

《写真:川尻会長》

(記:高木)

クリーンハイキング

6/3(日) 大滝山にて清掃登山を実施しました。参加者は11名。

大滝大川県立自然公園センター駐車場から清掃を開始し、登山道(ウドン谷口、三本松口)と車道から大滝山(山頂)を目指しました。
登頂後、大滝寺でお昼御飯を食べ、復路は大生口から下山して駐車場に戻りました。

四国は平年より早い梅雨入りとなりましたが、この日は快晴で登山日和でした。

※本活動は、「塩江温泉観光協会」様に後援を頂いております。

(高木)

四国ブロック交流ハイキング

2018年度の四国ブロック交流ハイクは愛媛県連主催で愛媛県久万町で開催された。(5/19, 5/20)
1日目は面河博物館の矢野講師の石鎚の昆虫や植物の話と全国連盟からは事故事例の話があった。

夜は四国の労山各会がバーベキューをしながら交流した。
山と自然が好きな人たちと楽しい時間が過ぎていく。
四国の行事の中でもっともすてきな時間だと思っている。

翌日は岩屋寺へのハイキングコースに参加した。
前半は愛媛県連会長 太田さんのマニアックな道なき道をいく。
後半は岩屋寺や古岩屋寺の特異な岩峰に目をうばわれた。

(加藤)

春山山行

GW(5/5)に爺ヶ岳(南峰)に行ってきました。
稜線に出て森林限界を越えると、風速20〜30m/sの烈風、颶風(ぐふう)が吹き荒れましたが無事に登頂することができました。

(高木)