赤石岳

12/29 沼平~椹島
12/28は夜通し車を走らせて畑薙第一ダムの沼平ゲート手前に駐車。朝から林道を歩く。
気圧配置は冬型だが天気は良く、谷間に位置する林道は無風といって良い。
17kmを約5時間かけて椹島に辿り着いた。ザックが重かった。
事前に分かっていたが、椹島の登山小屋は解体されていた。

12/30 椹島~赤石小屋
4時半から行動開始。小屋に向かって進むも雪は少ない。
4/5標識のところでようやく雪山っぽくなった。
明確なトレースがあったので何の苦労もなく小屋に到着してしまった。

12/31 赤石小屋~赤石岳~椹島
この日も4時半から行動開始。富士見平を越えラクダの背までは夏道を進む。
トレースはどこまでも明確でラッセルなし。
核心のラクダの背はフィックスロープがほぼ全て露出していた。
小赤石岳に到着すると風が強くなった。赤石岳までの稜線はクラスト。
天気がいつまで保つか分からないので急いで赤石岳をサミット。すぐに下山。
帰りのラクダの背は慎重にクライムダウンした。
小屋まで戻り、その足で椹島まで下った。

【富士山と朝日を背に東尾根を登る】

【赤石岳が染まる】

【赤石岳サミット】

1/1 椹島~沼平
やや遅めに起きて元旦らしくお餅を食べ、林道歩きをスタートした。
相変わらず天気は良かった。昼前に沼平ゲートに到着。無事に戻った。

(記:高木)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*